老化の始まり?

ちょうど10年くらい前のこと。

ギターやらウクレレなんかを部屋で夢中で弾いて、ふとトイレに行こうかと立ち上がると痛い。何やらお尻から太もも辺りに張りを感じました。

あとで知人に話したら「坐骨神経痛」だということがわかり。

自分にしてみれば、30代になるまで肩こりというものすら理解できなかった人間です。ちょっとショックだった記憶があります。

そして7年前にはこれまた初めてぎっくり腰を経験。あの固まって動けなくなる感じ。さらにショック!

元々特別スポーツとかもやらないタイプではあったものの、普通に動くにはなんら変化はなかったのに。この10年くらいの間に肩もおかしくなったことがあったし…。

これって老化?よく考えてみたら確かにそうなるような生活だったかも。ショックだわ〜。

そしてこの晩秋の頃。
この時期がヤバい。この数年はギックリ3回やってます。

でも春に膝がおかしくなって気がついたことがありました。

姿勢と歩き方、立ち方がおかしい自分に。

もっとも若い頃からおかしかったのかもしれないけど、昔は身体が持ち堪えられたんでしょう。やっぱり老化だな。(笑)

さすがにこれは意識して姿勢とか歩き方を注意しないといけない、そう考えてこの夏も過ごしました。その成果というには大げさだけど、近年の中では一番調子がいいかもしれません。

人にもよると思いますが、普通に歩く、立つ、座るという「良い姿勢」を意識すると、老化のダメージが少し良くなることは間違いないですね。

老化は避けられませんから( ̄▽ ̄;)。
そんなことを考える晩秋です。