ありがとうエグ

別れというのはジリジリ迫ってくることもあれば、突然に来ることもあるものです。

最近知り合いの方から預かっていて、ほぼ我が家の子になりつつあったダルメシアンのエグ。
去年まで頑張ったオッドと同じように散歩に行ったり、ご飯やおやつをあげたりで、この年末年始を挟んでお世話してました。

ところが本日未明に突然旅立ちました。

パーディやオッドはそれなりの予兆や覚悟もしながらでしたが、エグは本当に突然。
相方が添い寝を毎日していたんですが、夜中の2時頃にしきりに前脚で呼ぶので水をあげたり寝返りを打たせたりしたら、突然苦しくなったらしく。

相方の股座に顔を突っ込んだかと思ったら、そのまま息を引き取ったらしいです。

昨日の晩はご飯もガツガツ食べて、後脚が麻痺しているものの後ろを持ち上げると前脚だけでちゃかちゃか歩いたエグ。
相方が風呂に入っている間、僕も添い寝してあげたのが最後になってしまいました。もちろんその時も穏やかに撫でたりしながらこちらを見ていました。

近い将来こういう日が来るのは余命宣告を受けていたからわかっていたけど、もう少し暖かくなる頃まで行けそうな気がしていましたから。あまりに急で感覚が理解できていません。

僕にとってはパーディ、オッドに続き3匹目。正直悲しいし、寂しいです。

でもオッドの時もそうだったように、エグとのわずか2カ月弱の毎日はとても幸せな時間でした。世話の大変さ以上に色々なものをエグはプレゼントしてくれました。

前の2匹とまったく同じ、我が家の子としてみていましたから。

昨晩までがあまりに普通の日常だったので驚いていますが、少し時間が経って色々感じることでしょう。

辛いけど幸せな時間を本当にありがとう、エグ。

虹の橋を渡り、パーディやオッドと遊んでくれることを想像してます。全力で走りながら。

動物の勘

我が家に3匹目のダルメシアン、エグが来て約3ヶ月経ちました。

本当はいまだに飼い主はいるけど、ほとんど我が家の子になってます(笑)。飼い主さんも放棄したわけじゃないのです。ただ家族の事情で忙し過ぎて手に負えない様子。

他人から見たら冷たい飼い主かと思われそうだけど、そんなことはありません。僕らはエグ自身のことを考えて預かっているところです。

で、たまに思うんですよね、
僕らはそう考えて預かっていて、エグも僕らにかなり馴染んでいるみたいではある。けど実家にも帰りたいんじゃないかな…なんて。

またエグは飼い主さんのことをどう思っているんだろう?なんて。会いたいのかな?なんて思うと複雑です。

あちらの現状のこともわかるので、余計に複雑ではあります。

それでもなるべくエグの前では、そういうことはあまり話さないようにしようと思っています。それとエグがいるからどこにも行けないとかね。
嘘でも言っちゃいけないと。

我々の世界で俗にいう『空気を読む』というのがあります。
人間でも敏感な人、鈍感な人それぞれいますよね。

おそらく犬とか動物はそういうところは人よりも敏感に感じ取るんじゃないかな。

わからないだろう、なんて普通に喋っていると「私はいない方がいいのかな?」なんて考えさせてしまうと。これはいけない。

無理とわかっていてもエグには「来年のお正月を迎えような〜」と声をかけてます。
これには人間のワガママもあるのかもしれないけど。

来た時に余命1ヶ月を宣告された後でした。でも現在2ヶ月ちょっと宣告よりも生きてます。ご飯もガツガツ食べるし。

オッドの時も大変だったけど、さらに色々な感情が湧いてきます。それでも最期まで見届けてやろうと思っているところです。

しっかり見ててあげるからな、エグ。

すごい人

人前で話すのが上手な人って、そうじゃない人とどちらが多いのだろう?

多分苦手な人の数の方が多いんじゃないかな?と何の証拠もなく思っています。だって上手な人ってそれだけでかなりの才能ですもん。
人前に出ることが仕事の芸能人だって、決して得意じゃなかったりという話もよく聞きます。

今いる地域は他所から見れば、言葉が一番うるさいかも。
頭で考える前に言葉が出てくるような感じ。というか言葉に責任が感じられない(笑)。なにせ最後に『知らんけどな』を付ければ何でも言える地域だし。

それでも大勢の人前でとなると、尻込みする人が多いだろうなぁ。大勢の中からツッコミを入れたがる人が多いけど。

そんな人前で動じず喋れる人も尊敬するけど、最近穏やかに人の話を聞く、気持ちよく話をさせる人。すごいなぁと思えるようになってきました。

ついつい調子に乗って僕も先日なんとなく喋りまくっていた時がありました。その人が帰った後でスッキリしたのは当然だけど、こんなつまらない話を長い時間聞き役になってくれたこと。

相手にまだまだ喋りたくなるような楽しい、もっと一緒にいてもらいたくなるような存在。これもなかなか難しい。

帰った後のスッキリ感、当然その人の印象はとても明るく穏やかな印象を持ちます。

ああ、こんな性格というか接客術?なのか。いやいや本人そのものなんだろうな。技と言うより人そのもの。

そんな人になってみたいな。おそらく無理だけど。