プライベートライブありがとうございました

またさらに寒い一日になった今日。プライベートライブに来てくれた方々には感謝です。忙しい師走の時期に少しまったりした時間を過ごせてもらえたかな(^ ^)。

来年も時期を見てまたやりたいと考えております。コソッとやろうかと(笑)。

そして先月も預かったダルメシアンがまた一晩だけ預かることになり、一緒に過ごしております。

やっぱり我が家では長年パーディ、そしてつい9月まではオッドがいて、何か寂しさも感じています。
このエグもすでに病気にかかっていて自力で立つことができなくなってます。色々と介護が必要。

エグが来た

でもね、我が家ではついこの間までも介護を一年ちょっとやってましたから慣れてます。むしろもう家ではないだろうと思っていたシロクロさんと、一緒にいる時間があることが嬉しくも感じています。

9月に旅立ったオッドは色々賢い子だったから、僕らが寂しいだろうとこうさせたのかな。

飼い主にはいつでも預かるよ〜と言ってます(笑)。

いいのさ

寒いのは当たり前の12月。
師走のどこかバタついている頃ではあります。

そんな頃にちっちゃく少人数のウクレレライブをやろうかと思い、今月は3回ほど予定しているんです。

その1回目が明日。

不思議とウクレレという楽器のサイズと一緒で、少人数での演奏というのも少なくありません。そもそもPAとか使わないと大きなところでは音量的に無理があるというのもありますが。

もちろんそういうのもいいけど、最近思ったことがあるんです。

PAを通さない、本来のウクレレの音で聴いてもらうのもいいんじゃないかと。

たまたま現状はそんな大きなところではできないし、それなら雑談ができるくらいの距離で、そんな雰囲気のウクレレでの演奏を聴いてもらおうと。

今回の企画はちょっとシークレット的でもあるので、細かいことは書きません。でもそういう気持ちがあるというのを書いてみたくなったんで(^ ^)

ウクレレ弾こう

寒くなって

今日も夕方になってふと外を見ると、この時期ならではの影の長い絵が見えてきました。これが暑かった頃ならまだまだ日が長く、人間の活動的時間がもっと長かったわけで。

そんな当たり前のことを何度も思わせてくれるのが自然のすごいところ。こんな夕暮れ近くの光のコントラストを見ると毎年思ってしまうのです。

今月も中旬。みんなが忙しく走り回る頃です。

どんなに忙しかろうが、日は沈んでいきます。

影が長い