そんな時代

先月の敬老の日。
自治会の方から敬老のお祝いに際し、お年寄りむけにウクレレでなにかやってもらえないか、と依頼がきて30分ほど演奏してきた時のこと。

頼まれたときにお祝いされるお年寄りは70代後半から80代が多いと聞いてたんです。

今回はいつもやりそうな楽曲より、主にナツメロになりそうなものを色々と調べてやってみました。

実際にやってみると、予想通りの曲もあれば、あまりそうでもなかった曲もあり。こればかりはやってみないとわからない(笑)。

でもふと思ったんですね。

単に70代とはいえ、昔のグループサウンズの年代も同じなんですよね。ああそうか!と。

そう、昔バンドをやったことのあるお年寄りがいる時代になってきたということ。

これはつい20年前ならありえないことです。お年寄りというワードに騙されちゃいけない(笑)そしてまた10年もすると完全にそういう世代になるわけで。

あ、その次は自分もその領域に入っていくのかな( ̄◇ ̄;)。

これからのお年寄りは音楽といえど、それぞれの趣向が出てくるのかもしれません。

ただ、やはりいい曲はそういう趣向にはあまり関係なく受け入れてくれるのかもなぁ、なんて思ってます。

そう考えると、自分が今後作る楽曲も良い意味でのポピュラー性が大事だな。そんなことを思ったわけです。

そんな時代になってきたんですね。

むずかしいことだけど

ずいぶんと報道され続けていますが台風19号。まだまだ被害の全貌が見えていないようですが、大変なことと思います。

簡単に「がんばってください」なんて言えません。本当に言葉が出てこないです。

色々と報道が出てくる中で、ちょっと引っかかることがあります。

それは避難した際、愛犬などペットの扱いです。
一部ペットを受け入れていた避難所もあるようですが、ダメなところもあります。

我が家にも今年の春から来た愛犬のベックがいます。

このベック、まだ10ヶ月。
元々ダルメシアンは明朗活発、やんちゃな性格。

もしこんな避難所に行かねばならない状況になった場合、どうすべきかを本当に考えるのですが、やはり最終的には危ない家に置いたまま避難することはできないと想像してます。

『家族』として毎日一緒にいるこの子を見捨てていくわけには行かない、そんな気持ちの飼い主さんがたくさんいらっしゃることと思います。

ただ、同じ人間でも犬や猫などがどうしてもダメ!という人も避難しているような場所。ただでさえ避難、家もなくなったりしている人の中に連れて行けるかと言えば、それも無理なんじゃないかと。

おそらく自力で一緒に避難することでしょう。

前からどこかの先進国と比べて、日本の避難所そのものが最低レベルとかTVで見たことがあります。プライベート的な対策が弱いと。

ペットのことなどもこういう対策の中に一緒に考えていくしかないのかもしれません。将来はそうなってほしいと思います。本当に。

だって自分たちが預かった『命』ですから。

去年も台風や豪雨被害もあって、これからはこういうことが増えていくのかもしれません。もちろん自力で対策も考えますが、国レベルでの対策を強く願います。

残念ながら

台風、また近づいてますねー。

東京を始め、関東方面には過去ないくらいのモノが来るかもしれないと、TVでも警告を繰り返しています。

実は日曜日にとあるイベントでのウクレレ演奏を頼まれていたのですが、昨日中止の知らせが来ました。仕方のないことです。

僕自身も去年の台風21号で被害を受けた一人。予想外のモノが飛んでいく怖さ、あんなことになるべくならないよう祈ると共に、できるだけ外にあるものは家の中にしまいましょう。

なぜなら飛ばされたモノで他所の人や建物などに損害を与えてしまうものだから。

みんながお互いに準備しておいた方がいいですね。