影響力があるからこそスター

昨日ニュースで西城秀樹が亡くなったと聞きビックリ。

今年になってプロ野球の大御所など訃報を聞いたけど、一番驚いたかもしれないな。だってまだ若いもんね。

よく昭和のスターという言葉を聞きます。
古くは美空ひばりとか石原裕次郎とか色んな伝説を聞きますが、僕の世代でリアルタイムだったのはまさにこの新御三家と言われる人たちの世代。70年代後半ですかね。

僕自身は当時すでに洋楽にハマっていて、歌謡曲なんかと年相応にツッパってましたから、特にファンだったわけではないのです。

でも彼が亡くなったと聞いて、そんなファンでもなかった僕でもなんとなく歌のフレーズを憶えてる。あの唄い方のイメージが残っている。

そしてこの歳になってあらためて聴くと、やはりスターだったんだと実感。
むしろ最近のメディアで聴こえる音はリアルじゃないものが多くなったから、余計にそう思える。

そう、昔のTVってみんな本当のライブだったんだよね。
同じ歌を同じ日に違う番組で耳にする。でも微妙に歌い方が違ってカッコいいのはライブだったから。あらためてこの歳だからこそ尊敬できるものがあります。

ファンでなくてもしっかり影響されてました。すごいわ。

この動画の頃はまだ病気になる前だったんだろうなぁ。
特にこの歌が西城さんからのメッセージのように聴こえます。

スカイブルースカイ。

相当なもの

GWも終わり一息ついている今日この頃です。

でも今我が家では愛犬がだんだん年老いてきて、半分介護が大変になりつつあります。今年はそんなこともあって、ほとんど家族一緒に出かけることがありません。

昨晩もなにか寂しいのか不安なのかわからないけど、30分おきに呼ばれるような感じ。

インスタとかで同じように介護が必要な犬を飼っている方の画像とか見ると、程度の違いはあるにせよ大変そうです。

でもね、これは自分たちでなんとか責任持って、愛情かけて介護しないといけないですよね。我慢しているなんて考えないようにしてます。

だって、つい厳しい言葉を言いたくなる瞬間ってあるじゃないですか。
そして感情にまかせてそういう態度をみせると、犬でもわかるんですよね。

とにかく愛情しかないです。

ああ、これで肉親の介護とか。想像できない大変さだろうなぁ。

そう思えばいい人生経験させてもらってるんだな。

本当は元気に長生きしてほしいんですね。

夕方も日が長くなったな

こんな時間を家族と

GWど真ん中。

そのせいかわからないけど、軽い胃腸炎に一昨日なって半日寝込んでました。まあ午後には復活しましたが。

家族を持っているお父さんたちにとって、このGWは休日というよりは家族サービスの期間ですよね。普段は自分も含め家族のために働いてだから、本当に大変だと思います。

このGWの最後にはちょっとだけでも自分の時間を持って、休んでほしいなぁ。

僕もふつうの家族というわけじゃないけど、数年前から突然家族ができたようなものなので、そういう普通のお父さんの苦労というのもはっきりわかるようになりました。

もっとも肉体的な疲れはあってもココロが豊かになればまだいいのかもね。

話は変わって、昨日の夜に自宅近くで花火大会がありました。
記憶が正しければ去年から始まったイベント。

去年も意外と人が来てくれた話を人伝てに聞きました。おそらく今年はもっとパワーアップしたんじゃないかな。

ちょうど自宅に帰ったところで花火が始まり、ゆっくりと贅沢な(自宅のデッキからですから)時間をいただきました。

こんな時間を家族で一緒に作れたら一番良いですよね(^^)。

箱の浦の花火箱の浦の花火