この聴き方

いやはやGWに入りました。どうやら今年はお天気にも恵まれているようで、羨ましい限りです。昔なら僕も喜ぶところだけど、今はお店があるので^^;。GWならではの忙しさが始まっているところです。

そんな忙しい時でも何か時間ができたら音楽を聴くようにしてます。だって忙しさを理由につい聴くことを忘れると、楽しさそのものも忘れる気がするんで。

もちろん無理してまで…なんですが、意外と聴き始めると楽しいもの。無理している気がしません。

ただ、残念なことにせめて続けて20分くらい聴きたいなぁ、などと今日も思っていました。昼間の店の状況はせいぜい10分が限度。何かしらあるんですよ。何もなさそうなんだけど(笑)。

そこで考えたのがその10分で一回として、音楽を堪能できないか?なんて。

大昔、まだLPレコードを聴いていた頃のソレに近いかもしれません。昔のレコードは片面だいたい20〜25分くらいのものが多く、それ以上はアナログレコードという物理的な限界があり、いつもその20分くらいで堪能していたものです。

時間的な仕切りですね。今のように音源データを一日中続けて流せるものでなかったことが、逆にイメージを膨らませてくれたものです。

そう、ずっと聴いていようなんて思うから途中で邪魔が入る。だから限られた時間を決めてその中で堪能すればいい。

実際、一日中とか聴いてたら好きなものでも飽きてしまうかもしれないし、ましてはイヤホンとかで聴いてたら耳に良くない。

そうだ、そうだ。昔のアナログの聴き方、これだよ!

と思うのですが、どうでしょうかね〜(^◇^;)。

 

コメントを残す