結果よければ

台風が来なかった7月。その代わりに今年はとんでもないものが季節を跨いで居座っています。

毎日感染者数とか報道されてる数にだんだん慣らされている気もするけど、それじゃいけないですね。そうなってしまうのは今の状況から早く変わって欲しいと思うから。

でもそれこそ言事である『急がば回れ』。

春からしていることをやめるのではなく、継続するしか無いでしょう。(難しいことだけど)それが今のところ一番の近道だと僕は思うんですよ。

前にも書いたけど、30代くらいの若い家族とかだと単なる風邪と割り切って、マスクも外したくなることでしょう。実際先月の都知事選でもそんなことを訴えてた奴がいたけど、それは間違いと思います。

この感染はこれからがヤマだと思います。
やはり肝心なのは重傷者をいかに救えるかということになってくるでしょう。

つまり疾患のある人、高齢者など。これからどれだけ増えるか。

そして結果として増えなかったとしても、それは結果オーライということになるんじゃ無いかな。

もちろん僕は専門家とかでは無いから、適当なこと言ってることになるけど。

身勝手なこと言う人には少し悔しいけど、できるだけ対策して「ほら、大丈夫だったじゃ無い」と言われる状況に早くなって欲しいですね。

結局はみんな元の生活に戻りたいわけですから。