五年という時間

昨日の夜、なかなか寝つきが悪くて色々思い出したり考えたりしてました。

そして、ふと今の生活がもうすぐ5年経つということに気がつきました。

え?よーく考えてみたら5年ってかなりの時間です。その前の生活パターンで一区切りついたのがこれまた5年でした。あの時も「ああ5年かぁ」などと思ってましたけど、同じ時間が経とうとしている。その時よりも全然短い感覚。

これがまた何でこんなに短いのか?

たぶん自分にとっては初めての感覚の中で、毎日がそれ以前とは違う意味で追われるような感じだったからかもしれません。

そもそも自分たちの店をやるとか、全く想像していなかったし、それでどうなるかも考えていませんでした。もちろん生活もしなきゃいけないし、保証もない。

でもそれなりに以前とは違う自由な感覚と、これまた以前とは違う現実的な縛り。この中で戸惑いながら模索して来た5年だったように思います。それゆえに早く感じるのでしょう。

この5年の中で去っていった人もいれば、出会う人もいる。

思い出しみたら色々あったし、納得もできるけど、できなかったことややりたいこともまだまだあります。
これからの自分をどうデザインするかは自分次第。それを実行する時に人の手を借りるかもしれないけど、まずは自分から。

そんなことを考えた春の夜。
新しい季節の到来ですね。

 

春の便り

コメントを残す