前にも書いたけど

兄弟の有無について、なんとなく思っていることを昨日書きました。

ただ、これは僕の周りで知っている人を参考に書いているので、確証のようなものはまったくありません(笑)。あくまで僕自身がそうなんじゃないかと思っていることを書いてます。

で、つづき。

世の中、不景気になり、だんだん少子化が進んで昔の大家族みたいなのは珍しくなりました。僕も兄弟は3人で、長男なのです(全然長男らしいことしてません)。

こういう3兄弟の場合、3人それぞれに特徴が出ます。

  • 長男→保守的思考が強い。
    次男→行動が早い。あまり考えずに行動。大物にもなる可能性があるが、偉ぶり過ぎてしまうこともあり。
    末っ子→天然。しっかりしているところもあるが、やり方が大胆。でも寂しがり屋。
  • 僕が保守的か?なんて自分で突っ込んでみたくもなりますが、それはあくまで結果論。冷静に自分を見ると、『橋を叩いて渡るかもしれない』なタイプであることは否定しません。

    持って生まれた立場で、ある程度役割が決まってしまうものなんでしょう。

    それじゃ一人っ子はどうか?

    よーく見ていると長男・長女というより末っ子タイプが多いような気がします。ちゃんと家族が揃っていた人だと、このタイプになるんじゃないかな。

    いわゆる寂しがり屋さん。
    常に人が居ないと不安を感じてしまうのかもしれません。

    実際、どうでしょうかね?
    あ、あとちょっといじわるな言い方すると、強がりも多いかも(笑)。

    こんなことを考えている僕は、やはりA型長男ですなf(^^;。