あの空気感

まだ今週末も天気が悪くなりそう。台風とかも勘弁なのは当たり前ですな。

先日の台風後、一気に涼しくなって風呂上がりも汗だくになることもなくなった。
とにかくすぐ汗かく人なんで。

その心配がなくなったことがありがたいです。

まあいわゆるこれが秋の始まり。

不思議なことに夕方から肌寒さを感じると、思い出す雰囲気があります。

小学4年くらいだったかの情景がいつも思い出される。
なんでかな。

日が早くなって、いつもよりも遠くの友達のところに自転車で行き、周りが暗くなり始めて慌てて帰る自分。
どこか寂しい感じと、心配されるんじゃないかという不安感、罪悪感みたいなもの。

たぶんそんなところなんだろう。子どもだったんだなぁ(笑)。

あの時の薄暗さ、空気感。

僕にとってああいう雰囲気は独特の世界な感じがずっとしてます。
味わいたいわけじゃないけど、嫌いじゃない。

よく音楽の世界でもハッピーな曲もあるけど、どこか非現実的な哀しさ・不安な感じって印象に残りませんか?
むしろ曲になるのはそういう雰囲気があった方が惹かれるのです。

悲しい雰囲気は日本人も大好きなはず。不安感がある曲調はブリティッシュ系かな。

あ、今思い出した!
幼稚園の頃、『遠くへ行きたい』をTVで聴いて泣いてしまった記憶があります。

なんだろうね?