それでいいのかと

本来なら梅雨といえば6月に静かにシトシトと降る雨。紫陽花が似合う季節のはずなんだけど…。

今年は一昨年に似てるような感じ。7月になって一気に降る、しかも災害レベルの降雨量に風。

まるで台風と同じだなと思います。

今も九州など水害で大変なことに。ただでさえコロナのこともあり、こうなったらどうするんだろう?と誰もが思ってたはずだけど。

そして都内で感染者が1日最多の200人超え。

おそらくは元々驚くような数ではないのでしょう。検査してなかっただけで。

でも都知事選も終わった途端に急激に増えるのは別な意味もあると簡単に推測できますよね。

その東京は不要不急の都府県跨ぎをやめましょうと言ったら、国はダメだというし。

これ、さらに考えると「表向き経済は普通に回せますよ、でも怖いと思ったら各自の判断で自粛してください」と暗に言ってるようなもんで。

でもはっきり言っちゃうとまた10万配らなきゃならないし、そうそうオリンピックまでには普通に戻さなきゃいけないし。

なんてことでわかっちゃいますよね。
本来ならまた宣言出すなりして、補償金を出して、はっきり自粛をお願いするところ。

でもオリンピックや経済団体などの突き上げで、匂わせるだけの言葉だけ。

こんなんでオリンピックなんてやっていいのか?そんな資格はもう無くなった気がするんですよ。僕も日本人ではあるけど。

国がそんな感じで悔しいけど、でもあとは自分たちでなんとかしようと考えることも大事かもしれません。待ったなしですから。

でも政権の考えには甚だ呆れました。もちろん真面目にやってくれるなら今からでも大歓迎ですけど。