今できること

この数日は夏が戻ってきたような陽気でしたが、今日からは秋、そして冬に向かっていくようです。
こうやって季節が変わっていくのを、以前より敏感に感じるようになってきましたが、毎日がどんどん過ぎていきます。

どんどん歳をとるのも当たり前。感覚がついていっていません^^;

それはそうと、ちょっと前に事件がありました。
とはいっても直接自分に起きたことではありません。

8月に新潟でライブを一緒にやったGatchya氏の息子さんが、ひき逃げ事故にあいました。

残念ながら亡くなられてしまい、さらにまだひき逃げ犯は逃走中。
なんてことだ!

このニュースに気がついてから、ちょっと考えてから直接彼に電話をしてみました。
そりゃもう、当たり前のことですが、僕がもらい泣きするくらいの状況で。

可能性があるかわからないけど、もしもひき逃げ犯が見ていたら、しっかり聞いてもらいたい。
今、親が一番怒っていることは逃げたことだということ。

人として隠れてこれから生きてどうする?ずっとこれからも引きずるし、時間が経ってからも判明するかもしれない。
起きてしまったことは戻らない。

唯一できること。それは自首すること。
それだけです。

http://www.news24.jp/articles/2017/10/08/07374559.html

違いとは

この2年くらい毎日手元にあるiPhoneの日記アプリで、その時にあったことや思ったことを率直に書いてます。

もちろんこれは他人には公開するものではなく、自分があとで自分を見る時のために書いているので、文章がダイレクトすぎてわからないものもあります(笑)。

それでもその時に書いたことで、なにかを吐き出しているわけです。本来の目的とは違って後で見ることなんて考えてません。その時に天から降ってきた言葉を連ねているだけです。

このブログも最初に始めたのはもう10年以上前。
毎日なにかしら書こうと決めたものの、この3、4年は毎日とはさすがにいきませんがやめるつもりもありません。

他にもFacebookやらTwitterなどやってますが、一番適当に書きながらもバランスがとれているのはこのブログかもしれません。

なにかを書きたい、言いたい、残したい。
今時のSNSはやはり別物。

これは自分にとって公式のモノなんですね。
残そうとおもっていることを残すつもりです。

Facebookはたまにしか書かないけど、Twitterはけっこう適当なことだけ書いてます。ただ無責任な言葉もあるかも。でも気にしないのです。これはこれで気楽。気にしないもん。

実はこれをいつか書こうと思っていました(^^)。ちょっとスッキリ!

九月も終わり

もう九月も終わります。
この1ヶ月でずいぶん気候が変わりました。これから1ヶ月でさらに変わっていくのでしょうね。

僕の感覚としては、こういう季節の変わり目を最近強く感じるようになりました。今年もその通りで一気に変わったなぁ、なんて感じてます。

考えてみればそう思うようになったのはこの4年くらい。

ああ、以前はビルや自宅のマンションにいることが多かったからかもしれないな。今は生活スタイルがかなり変わって、自然を体感するような場所にいる時間が多くなったからかも。

都会にいると、滞在する場所が、ビルや地下街、電車や駅に居る時間がけっこう多いわけです。

そうそう、ちょっと雨が降り出したくらいなら傘を持たずに出かけたこともよくあったかな。なにせ自宅から5分の駅までしか使わずに済んだから。

今から思えばどれだけ篭ってたんだと思えます(笑)。

それでは10月。どう変わっていくでしょうか。しっかり体感しましょう。

初秋の空

きづかないな

九月も今日で終わり。今年もたった3ヶ月しかないわけです。こりゃどんどん歳をとるわけです^^;。

そういやちょうど1ヶ月前にやったライブで一緒に演奏したガッチャ氏。昨日もちょっと電話で話していて、彼も生涯最後になるかもしれないCDを作ろうと決心したらしい。そこで僕もその制作に参加することになりました。

まだこの動き始めたばかりということで、とりあえずの楽曲の動画を送ってもらい、先ほど音を聴いていました。
彼は自分の曲をやるときは、昔のフォーク的なものが多いのです。
フォークといえばやはり歌詞にもこだわりがあったりするわけで、その語り方も人それぞれ。

彼の歌の歌詞を聴いていて、やはり僕にはこんな歌詞はポンと出てこないなぁなんて。

それは人が違うのだから当然なんだが、この人の生活も含めてやった結果がそういう歌詞の流れを産み出すのかなと。
好きな音楽以外のやらなきゃいけないことを、できる限りでやったから歌える歌詞なんだろうな。

自分から見た景色を内向的に描くわけじゃなく、生活の中での目線。当然そこには家族なり他の人の存在がある。
そういうことも含めて思いつく言葉を遊びながら選んでいる感じ。

ある一曲では、最近作ってほしいなと言われたテーマに似た感じ。でも僕だったら違う見方になるはず。

こういうことは若い時にはたぶん気づかないだろうな。
なるほどなぁ。

宿題始めてます

かつてのシルバーウィークと言われていたこの時期。昼間は蝉の声が聞こえ、夜になると秋の虫の音が聞こえてきます。
まだ秋になりきれてはいないものの、夏の猛暑が過ぎ去りちょうど気持ちのいい季節になってきています。

9月というと祭りが多いのだけど、気分的には祭りが終わったような。
夏の猛暑が祭りのようなものなんですね。

台風一過の空

身体的にも必死で耐えていた夏仕様から変わり始めるわけで、つい油断すると風邪ひいたり。
まあそうでなくても特に急激に気温が下がったときはどこか怠かったり。

若いうちは気にしないけど、人間も犬もそこそこな年齢になると感じてしまうんですねー(笑)。
オッドもなんとか今年の夏を乗り切りってホッとしているみたいです。

オッド、隠れてます

さて、なんだかんだやっていたらあっという間にクリスマス。人生ボーッとしていたらあっという間に来年です。

ただいま暑かった頃にヤル気が起きなくて溜まっていた宿題を、ゆっくりと始めているところ。まずはうまくリズムに乗らないといけませんなぁ(^^)。

好きなんだよね

もう終わったライブのことですが。

新潟でやったライブ、あらためて来てくれたお客さん、ありがとう!なにせ新潟でやること自体4年ぶりくらいで、しかもスティールギターでの演奏は本当に久しぶりで、自分自身が楽しかったんです(^^)。

最近、東京以外で色々な人がライブをやっている場面に遭遇すると、いつも思うことがあるんです。

なんでアコギの弾き語りにカホンとかが多いんだろう?

これはあくまで僕の私見なんですが。
カホンとかパーカッション類が入るなら、ベースの音が欲しいなと。でなければ純粋にアコギ一本の方がいいような。

で、これも好みのことを言えば、バンドでやってくれたらなぁなんて。

過去、僕自身もロックバンドから始め色々バンドをやりました。
もちろんウクレレやギター一本のソロでやる醍醐味というのもわかりますし、かなりエネルギー使うことと思います。

でもバンドのアンサンブルを聴きたいな、とも思うのです。
これも音楽の醍醐味ですもんね。

特に今時はPCで音源作って、ライブと言いながら実はカラオケ状態のモノ(アイドル系なんか特に。まあライブという意味自体が違うんでしょうけど)もあるし、サンプリング音源で1人で擬似アンサンブルをやってる人もいます。

これ、音源を作る努力が必要ではありますが、できてしまえば完パケの演奏が保証されます。
ナマのアンサンブルはそうはいかない。でもだから意味があるわけで。

それこそが「おもしろさ」なんですね〜。

完全ではなくてもおもしろさを感じながら、歌や演奏を聴ける音楽が僕は好きなんですね。

ここまで書きましたが、これは僕の思っていること。
好きなことを書いたまでです(^^)。

レレカフェ☆サンデー、ビーチで

ちょっぴり大事な日

夏の終わりかけのこの日、毎年想いを馳せる日になってます。

もう23年経ち、自分もそれだけ歳をとった。
あの時、親父は60で僕は30。

親父の歳になるまであと30年あるのか…などと考えたものでした。

それがもうあと数年。

前は思い出すことが多かったけど、今は親父のその年齢に近づいていることに驚くだけでなく、あの時の彼の心境を少し想像できるようになったかな。

そして人生って本当に長いようで短いのだな、とさらに実感。

うん、やりたいことをやろう。わっしょい!

わっしょい!

伏線かもね

9月に入ってから朝晩が肌寒く感じるくらいになってきました。
あの熱帯夜っていうのは、身体が休みたい時も休ませてくれないブラック企業に勤めているようなもんで(笑)。ゆっくり考え事をするにはこのくらいの方がいいです。

世の中もそうだけど、よーく周りを見てみると身近なところにもあるんです、ちゃんと考えなきゃいけないこと。

昨日もちょっとしたことなんだけど、気にかかることもあり。

じっくり考えてみると、一見嫌な気分になったことも後々やろうとしていることの伏線なんじゃないかと思えてきました。
つまりキッカケというやつですね。

もっとも考え過ぎもよくありません。
来月から早速始めてみようかな。

高田馬場、外で一服

お盆ですなぁ

なんか今年はお盆が来るのがやけに早い気がします。
やはりあの「山の日」とか祝日ができたせいなのか?

ともあれ、お盆のシーズンです。

ニュースでは高速が渋滞しているとか。ああ、あれ最悪ですなぁ。無駄に時間を使って疲れるという。そしてそんな時にうっかり事故…なんてこともあります。気をつけましょう。

お盆というと色々な思い出あります。

印象としては子どもの頃に父の実家で爺ちゃんが魂を迎えに行こうと、確か藁の束に火をつけて空に向けて振っていたことが記憶に残ってます。大人になっても「お盆」という単語を聞くとその時の絵が出てくるんです。

今になってみれば、そういう風習などなかなか今は見られません。貴重な経験だったんだなと。

最近旅立った人…じゃないけど、パーディのことが真っ先に思い出します。
やんちゃだったけど愛嬌のあって、色々と笑わせてもくれた彼女。

帰ってきてるのかな。

パーディー、安らかにね。お腹空いてるだろうから、いっぱい食べて、いっぱい走ってな!

今になって考える

昨日は原爆が広島に落ちた日ということで、ニュースなどでも色々報道されていましたよね。その中で当時の画像などを見る限り、やはりなんだかんだ戦争というものはいかんのだと。そしてそういう態度、重みを日本が発信し続けることが大事なんだとあらためて思いました。

ところであの終戦の年、1945年。

これからほんの20年くらい経つとビートルズが来日、そして当時のグループサウンズなどが流行っていた。そんな事実があの原爆が落ちた後の画像をみると信じられないのです。

今の感覚では想像もつかないスピードで世の中が変わっていく。

僕も含め、その後の日本は本当に平和だったんだ、という現実をそういうことから感じました。理屈ではわかってたけど、それが本当にそう感じたのは今になって。

それだけにあの日に亡くなった方々を思うと、戦争反対という原則は大事なんだと。色々な可能性のある命だったんですものね。

華やかな時

小学生も夏休みに入ったようで、7月も下旬に入りました。
全てが夏という季節に染まっています。

残念ながら子どもの時ほどはワクワク感はないものの、やはり一年で華やかな時になったなぁという気がします。
そして少し涼しくなる夜になると昔のことを思い出すことが多くなりました。

まだ先だけどお盆の頃に思うソレに近いかも。

年末年始の頃も華やかではあるけど、終わって次が始まるというわけで。それとは真逆の今こそその年らしいことを残すべき時。
一応できる範囲ではあるけど、今年の夏も少し動くつもりです。

今年の色をどう決められるかな。

夏の日の空