重なるけど頑張るし

あれこれ忙しくなってきたら12月になっていました。すでに師走というそのものです。

今年もこの時期にいつも抱えている仕事なども重なり、いつも以上に時間が勿体無いと感じます。

寝るか、頑張るかみたいな状況。

それなのに色々なことが見計らったの如く重なって来るのも毎年のこと。楽ではないけどそれなりに最近は納得することにしています。

忙しいのはありがたいこと。
このありがたさって、暇になった時にしみじみ思うもの。何もないよりはマシ。

今度の週末は毎月やっているウクレレワークショップもあり。頑張るしかありません。

場所など詳細はこちらから。

海のカフェ高木
http://www.cafetakagi.com

ウクレレ

意外とわからないもの

人はみんな一個人。他人はもちろん家族であってもそれは変わらないことだと思います。そしてその数だけの性格や考え方も存在します。

僕も以前は個人としての考え方優先でいたものです。とうぜんながら自分の意見を通すことを真っ先に考えるような。

ある程度歳をとって、今になってちょっと思うこと。ある程度人に任せてみようと。普通はとっくにそうなっていてもいい歳なんでしょうけど(笑)。

ようやくそんな風にも少し考えられるようになりました。

というのも、ものごとの結果を見るとあながち自分以外の人の考えもそこそこ良かったりすることが多い。ああ、そんなものなのかと。

もちろん自分の考えじゃなきゃ意味がないものに関しては変わりませんが、任せられるものは任せて。意外とわからないものなんだと。

ここまでくるのにここまで時間がかかるとは(笑)。

色んな考え方もアリか

転がってるのかな

ものごとが思うように万事うまくいく、なんてことはまずありません。だからこそそうなったらいいな、なんて想像や夢を見たりするわけで。

それでもそれは諦めるということではなく。

なんでも次の面白さを見つけたり、作ったりする気持ちが大事なんだろう。そう考えることがあったので、自分にとってもメモするつもりで書いてます。

たいがいは何かあると諦めてしまったほうが、考え方としては楽なわけですよね。あれこれやるだけやったからだったらいいけど、案外手を尽くしたと言えるまでやったかな?なんて自分自身に問いかけることも多々あります。

そう、なにか障害があった時にもさらなるアイデアを考え想像して、考えながらも楽しんで次の行動に移すというのもありですよね。

楽しいことは転がっている、そう思えることがあった1日でした。

みかんがいっぱい