涼しいと元気です

今日も薄曇りのどんよりな天気ですなぁ。梅雨のハッキリしない感じ。

それでも我が家のオッドにとってはまだ涼しいだけマシなようです。
だんだん歳のせいで、後ろ足とかが弱くなってきてますが、食欲は旺盛です。

今年の秋で15歳。でもまだまだ食べることばかり要求してきます。
店の看板娘、がんばってな!

オッド

すごいなぁ

ちょっと最近昔の歌謡曲をワケあって聴くことがあるんです。

ありがたいことに今はApple Musicにも契約しているので、思い立ったらすぐに聴けるのが本当にありがたい。

先日もあのザ・ピーナッツを聴いてたらぞくっとくる瞬間がありました。ご本人達ももちろんそうですが、バックの演奏のノリがすごい。今あらためて聴くとリズム感がめちゃカッコイイ!

変なものでまだ若造だった頃って、こういうリズムを否定的に感じていたのも事実。単に演奏がわかりやすいカバーバージョンなんかが良かったんですね。

今になって聴くとてっきりこうだ!と思っていたことをサラリと裏切られる感じ。ああ面白い(^ ^)。

意味のある時間

早いもんでこの地に初めて来てから今日でちょうど5年。

本当に早かったものです。5年といえば結構な時間です。

この間に色々なことが起きました。キリがないことですがやはり一番の出来事は僕自身の生活スタイルがかなり変わったこと。

そしてこれは僕にとって予想外でもあったこと。

人生、何が起きるかわからない。そう感じた時間でもありました。

失ったもの、得たもの、これからの人生。
時に冷静でもいられなかったこともあったなぁ。

この時間をかけないと得られなかったこと。それは例えばこの愛犬オッド。初めて会った時には散々吠えられたはず。でもこれまでの時間が距離をこんなに縮めてくれました。

寝るときにもぴったり身体をくっつけてきます。「信頼」というものはそれなりの時間が必要。だから絶対に意味があったんだと思います。

こういうことも一つの材料として、今後をどう生きるか。自分にかかっているのでしょう。

そんなことを考える一つの区切りの日でもあります。

足に顎を乗せるオッド

楽しくなりゃいいのさ

GWの日曜日。みなさんいかがお過ごしだったでしょうか?

僕は知っている方はご存知の通り、店でてんてこ舞い。また今年は天気も良かったおかげで、人が途切れずきてくれたことは本当に感謝です。

とはいえ、やはり一日色々な方を迎えるということは、それなりに疲労するもの。そもそも若い頃からこんなことほとんどしたことなかったんで…明日は暦上は平日。少しは落ち着くかな?

今日はそんな中、この前のレレカフェで来てくれた方が突然個人レッスンを申し込んで。当然今日はこの忙しさ。レッスンはないだろうと思い込んでたんで、びっくりしました。

でもたまたまお客の動きが落ち着いた気がしたんで、急遽レッスン。

その方、現在は沖縄の方に在住で近い将来こちらに戻ってくる予定だとかで、沖縄の方でウクレレを習ったり、サークルに入ったりして楽しんでいるそうです。

それなのでちょっと弾き方等の質問を受けることに。

ちょっと今弾ける曲を弾いてもらってから、僕が思いつくアドバイスをした感じで終わりました。細かくいうと大変ですが、簡単にいうといかに楽にウクレレを弾けるか、みたいなことを言ったわけです。

そしてそれがすぐにわからなくても、楽しく弾くという気があれば、しばらくしてその意味がわかると思います、と伝えました。

そう、結局は弾くのはご自身ですからね。このアドバイスをうまく使ってほしいものです。

考えることは大事だけど、考えすぎちゃいけません。気持ちも大事ですから。

あ、そういや譜面作らないと…ぐったり^^;。

Kanoaさん出店!

この聴き方

いやはやGWに入りました。どうやら今年はお天気にも恵まれているようで、羨ましい限りです。昔なら僕も喜ぶところだけど、今はお店があるので^^;。GWならではの忙しさが始まっているところです。

そんな忙しい時でも何か時間ができたら音楽を聴くようにしてます。だって忙しさを理由につい聴くことを忘れると、楽しさそのものも忘れる気がするんで。

もちろん無理してまで…なんですが、意外と聴き始めると楽しいもの。無理している気がしません。

ただ、残念なことにせめて続けて20分くらい聴きたいなぁ、などと今日も思っていました。昼間の店の状況はせいぜい10分が限度。何かしらあるんですよ。何もなさそうなんだけど(笑)。

そこで考えたのがその10分で一回として、音楽を堪能できないか?なんて。

大昔、まだLPレコードを聴いていた頃のソレに近いかもしれません。昔のレコードは片面だいたい20〜25分くらいのものが多く、それ以上はアナログレコードという物理的な限界があり、いつもその20分くらいで堪能していたものです。

時間的な仕切りですね。今のように音源データを一日中続けて流せるものでなかったことが、逆にイメージを膨らませてくれたものです。

そう、ずっと聴いていようなんて思うから途中で邪魔が入る。だから限られた時間を決めてその中で堪能すればいい。

実際、一日中とか聴いてたら好きなものでも飽きてしまうかもしれないし、ましてはイヤホンとかで聴いてたら耳に良くない。

そうだ、そうだ。昔のアナログの聴き方、これだよ!

と思うのですが、どうでしょうかね〜(^◇^;)。

 

性格なのか

昔を思い出してみる時があります。

でかい音を出してバンドをやっていた頃、まさか今みたいにウクレレを教えたりなんてことをやるとは。全く想像してませんでした。

そもそも、気持ちが突っ張っていたから、「楽器を直接人に習うなんざ、そもそもセンスがないんだよ」なんてことを言っていたと思います。

丸くなったのかなぁ(笑)。

でも否定するのは簡単。やってみるとこれまた大変なもので。

一応商売的に考えても、これをしっかり利益にしようと思ったらなかなか厳しいものがあります。これは一般論ですけど。

だからグループで何人かをまとめてやっている先生が多いんでしょうね。

さらにもう一つ言えば、個々に癖のある人を個性を生かしたまま成長させることの難しさがあるということ。大げさに言えば自分の子供を育てるようなものです。

アドバイスしたことをすんなり取り入れて、モノにしていく人もいれば、なかなか進まない人も結構います。

ここで、ふとまた考えることがあって、そもそも僕が思っているほどのレベルを求めてるのかな?と。その逆もあります。

その加減によって、同じ状態でも楽しんでる人もいる。

むずかし〜!

そうなんですね、子供の頃に教えてたあの先生、大変だったろうなぁ(笑)。

まだまだ僕も勉強中です。

そんなことを春の空を見ながら考えてます。

春の空“>

変わっていくこと

先日、久しぶりに銀座に行きました。ここ最近は本当にご無沙汰な場所。10年くらい前はよくライブでも来たりしていたんですけどね。

たまたま近くまで用事があって、歩いてみました。

久しぶりの銀座

しばらく行かないと、どこかが変わっているのが都会です。以前あった店などの残像と今とを結びつけながら街を歩きました。

ちょうどこの日はあのGINZA SIXのオープンの前の日。やっぱり変わっちゃいましたね〜。当たり前だけど。

それでも僕の中のイメージはあまり変わってません。やっぱり銀座です。色々な想いでもあるし、変わり続ける街だからこそ、それも含めて。

よく田舎の方に行って思うことは、変わらなくてもいいところもある反面、変わらなくちゃいけないこともあるはずだけど、変わりたがらない街。そういうところはどこか活気がなくなる傾向にあると感じるんです。

全部が変わっちゃ嫌だと思うのはどこでも一緒。
でも変わらなくちゃダメなところは、変えていきましょう!

なーんて、初夏の銀座を歩きながら思ったりしてました。

久しぶりの銀座

ブログやってますが

巷では有名無名問わずブログというものをやっている人がかなりいますよね。

みんなしっかりやってるなぁ〜(^^;) まあある程度目的を持ってやっている人は特にがんばってる感じがします。

僕自身は元々毎日更新、書く内容はその時次第。そんな感じでとりあえず始めちゃったので、その時期によって内容が大きく違う事も多々あります。

そして自分が最初に始めた頃はまだブログが一般的ではなかった頃に始めたのも「とりあえず」になった原因かな(笑)。

それでは今後は何か話題にフォーカスしてやるか?いや、今はやめときます。だって今のような状態が一番長続きすると思ってますから(^^;)。

のんびり今後もやっていきます。

五年という時間

昨日の夜、なかなか寝つきが悪くて色々思い出したり考えたりしてました。

そして、ふと今の生活がもうすぐ5年経つということに気がつきました。

え?よーく考えてみたら5年ってかなりの時間です。その前の生活パターンで一区切りついたのがこれまた5年でした。あの時も「ああ5年かぁ」などと思ってましたけど、同じ時間が経とうとしている。その時よりも全然短い感覚。

これがまた何でこんなに短いのか?

たぶん自分にとっては初めての感覚の中で、毎日がそれ以前とは違う意味で追われるような感じだったからかもしれません。

そもそも自分たちの店をやるとか、全く想像していなかったし、それでどうなるかも考えていませんでした。もちろん生活もしなきゃいけないし、保証もない。

でもそれなりに以前とは違う自由な感覚と、これまた以前とは違う現実的な縛り。この中で戸惑いながら模索して来た5年だったように思います。それゆえに早く感じるのでしょう。

この5年の中で去っていった人もいれば、出会う人もいる。

思い出しみたら色々あったし、納得もできるけど、できなかったことややりたいこともまだまだあります。
これからの自分をどうデザインするかは自分次第。それを実行する時に人の手を借りるかもしれないけど、まずは自分から。

そんなことを考えた春の夜。
新しい季節の到来ですね。

 

春の便り

贅沢な時間は

昨日の最後の来客者は、全国の旅に出たばかりの若者。

多分高校を卒業したばかりかなぁ、自転車で旅を始めてまだ二日目とのこと。本人曰くこれから一年近くかけて北海道から沖縄まで行くらしい。

こういう若者を見るといいなぁ、なんて言ってしまいがちですが、本人にとってはどうなんでしょうね。

大人になって一年近くかけて旅をするということは、当然その時間を費やすことはもちろん、生活費なども心配しなきゃならない。本人なりに策は考えてはいるんでしょうけどね。

それだけの贅沢な時間の使い方、一生のうちに一度くらいでしょう。

少なくともその旅の中で何かを見つけるなんてノルマを背負うのではなく、終わってから振り返って見たらいいかも。なぜなら僕自身が似たようなことをやってたことがあるから。

これは他人からしたら、何のためだかわからないみたいなものでしょうからね。

楽しいということ

長いこと楽器というものを通じて音楽を楽しんでいます。

そしてこの数年はウクレレを教えたりもしているわけですが、皆さん基本的にはウクレレという楽器で音楽を楽しめたらいいな、なんて思ってくる人がほとんでしょう。

言葉は簡単なんだけど、いつも考えることがあります。

音楽を楽しむ、ウクレレを楽しむ、ということをどこまで望んでいるかな?と。もちろんご自分がお好きなアーティストのようにレッスン数回でなれたらいいですよね。

とは言ってもやはりそこは弾くのはご自身。どのくらいのレベルを望んでいるのかと。もちろん僕自身もできること、できないことあります。現状でとりあえずこのくらい弾けたらいいな、とか。それ以外にもほかの友達なんかと音を出せればいいとか。

みんな同じようにレッスンしても、時に受け付けてもらえなかったりする時、考えるんですよ〜。けっこう。

でも僕からすれば、基本的なことは全員できるようになって欲しいし、そこまでいけばさらに楽しさがわかってくると思うんです。またどういうことをウクレレでやりたいのかもご自分でわかるはず。

このあたり、ずっと自分にとっては課題ですね。うーんむずかしい(^^;)。

そりゃね

だんだん今年も春っぽくなってきてますな〜。一年の時間の経過も本当に早く感じるようになってきてるこの頃。今月は一つ年が増えたし、それなりに疲労を感じますな(笑)。

春です

最近は帰宅すると、とりあえず軽く横になって身体を伸ばすことが快感(^^)。ただそのまま寝ちゃったりすることも多々あります。

昨日もまさにそれ。さっき目が覚めたらすでに3時。ありゃりゃ…。

オッドも歳をとるのと合わせるように甘えん坊になってきて。以前は横で素直に寝てたのに、最近はベッドの中に入れてくれ〜!とせがんできます。それも夜中に。

そんなことをやってるうちに朝になったり。そんで寝不足。そりゃね、帰宅する頃には一日の疲れもあって爆睡するわけです。

こうなったらみんなで寝袋で寝たほうが案外良いのかもしれないなぁ。

いや、そんなことを考えてないで、早く寝ないと(笑)。

おやつが欲しいオッド