世代の曲調

ちょっと前からなぜか昭和歌謡をBGMに聴くことが多くなりました。

というより家族みんなで和むには自分の好みの音楽より、昔懐かしの曲の方が良い時があるとわかったので(笑)。

一口に昭和歌謡と言っても、どちらかといえば’70年代かな。

特に最後の方はTVの『ザ・ベストテン』なんかでよく耳にした楽曲が多いのです。すでに洋楽ばかり聴いていた頃でありますが、TVってのは家族で観てますからね。

意外と結構覚えていて自分でもびっくりです。

特に77〜78年くらいの頃、僕は下手なギターを少しでも上手くなりたいと、順位が発表になると明星(かつてのアイドルグラビア雑誌)のおまけで付いていた歌本を見てギターを手に。

すぐに弾けるようになりたいと、無茶な挑戦をしてたわけです(爆笑)。

まあ自分の昔話は置いといて。

あらためて今の自分が聴くと色々と発見があるものです。

特に70年代と80年代の楽曲、歌詞や曲調などガラリと変わっていることに気がつきます。

子供の頃の70年代は高度経済成長の中、その影では今で言うブラック的な働きが横行していたり、オイルショックなどもあったり。

そういうちょっと哀しい、ドラマがある歌詞があって、そういう曲調が流行ってたんだなと。小椋佳なんて人もそういう曲を書かせたら一発でその世界観ですね。

それが80年代からはいわゆるプロの作曲家、作詞家のような作品が減ってきて、バンドモノやニューミュージック系がテレビにも見ることが出てきました。

さらに現在のAKB的なものにつながる素人っぽいアイドル集団の曲とか。気がつくと俗にいうプロの人もこういう曲を作れる人に変わっていたり。

80年代はバブルでもあり、どこかパーティノリの軽い曲がまるで70年代の反動のように出てきたんだな、そう思えます。

僕自身はあらためて聴くとやはり70年代の方が聴き込んでしまいます。理屈抜きで。

ただこれも世代というのもあるんでしょう。誰もが自分のナツメロというものを持っているわけですね。

最後に言えば、70年代の曲はみんな人間が演奏してたというのも大きいのかもしれませんね。

ああ、歳とるな(爆笑)。

そんな世代

成人式もすぎて、今日あたりから本格的に仕事始めのような感じがします。通常モードに戻る頃ですね。

通常、とは言っても、元々現在の僕と家族は非常に宙ぶらりんな状況。例年とはかなり違った一月となっています。
店ができるまではこの変わったペースなんだろうなぁ。

さて、めでたいことだらけならば良いのだけど、ちょっと不安なこともあったりします。

僕の長年の友達が命に関わる病になってしまいました。一年前に手術、そして再発。

本人は今まで周りにはずいぶんと強がって、それをモチベーションに生きてきたような歳上の人。飲み友達でもあり、音楽仲間でもある関係で、なにか憎めないめんどくさい人物(笑)。

そんな人が、おそらく僕にだけ言ってきました。
本人はこれが最後になるかも、なんて弱気なことを。

まだ早いとは思うけど、気持ちとしては怖いし悔しい思いなんだろうと。

いざ、こういう友達にそういうことが起こると、なんて言葉をかけてあげればいいのか、わからなくなりました。

よく、寄り添うとはいうけど、気軽に会える距離でもないし、これが毎日会ってもいいのか、逆なのか。

彼は何年か前から数匹犬を飼い始めてます。
そのために…なんてことも本人はわかってるよなぁ。

そしてこんなことを考えたりする世代になってきたこと、それが僕自身にも驚きであったりもしています。

どうしようか。
すごく気になっているところです。

そりゃアレでしょ

今日は七草粥の日、ということもないけど、これでお正月も終了ですね。

この年末年始はいかがでしたか?
我が家は相変わらずサザエさん一家のようにバタバタして疲れて終わった、平和なお正月となりました(笑)。

そんな大晦日、恒例の紅白歌合戦のあまり良くない話題がYahooのニュースなどで出ております。

僕はなぜか今年は全く観ることもなく、話題としてあのAI美空ひばりが出るとか知っているくらい。

あの最後にサザンとかが出た、前の年は少し見ましたが、口パクばかりの歌合戦なんて…それがさらに多くなったそうで。

去年も書いたと思うけど、パフォーマンスだけの人は別にそういう番組でも作って出れば良いんじゃないかと思いますよ。やはり『歌』が主役なんだから。

それもそうだけど、あのAI歌唱なんていうのは…ほとんど意味ないですよ。テクノロジーを見せる場所ではないんだから。

僕は思うんです。

もしあの美空ひばりが存命で、元気で今でも現役だったとしたら。

おそらくああいう歌い方ではなかったんじゃないかと。

あれだけの歌手である以上、どんどん進化していくはずだと考えるんですね。過去のものだけではなく。

なのに、本人の承諾を得ることもなくああいう形で新曲とするのは、流石にいけないんじゃないかと。

NHKもそんなことにお金を使っちゃいけないよ。

あ、でも正月に見た『仔犬が家にやってきた』っていう番組が良かったな。1歳になったベックもガン見してました(笑)。