再びあんじゅなさんと

久しぶりに都内のスタジオでのリハです。それも今回はハワイアンではなく、俺が和製George Harissonと言ってはばからない(笑)、あんじゅなさんとです。

ま、お互いいい歳だから『和製』うんぬんなんてのは失礼かな(^^;。

ま、これは本人にも言いましたが、俺流の褒め言葉なんです。なんちゅーか、あのガツガツしてない感じって好きなんですよ。

そんなあんじゅなさんと、今月の22日に上野の野外イベントでライブをやることになっていて、そのためのリハ。なにせ、去年の9月にも野外イベントに出るがために何度かスタジオにも入ったものの、豪雨にてお流れになってのリベンジとも言えますな。

今回は俺の他にもPer、Choも入っての演奏。今度も楽しみましょう!

で、そのあとに別件の用が…。それはまた明日。

てきとーな

練習です。かなーり適当な(笑)。

今、日本は真冬のまっただ中。こんな時期にハワイアンやろうってなによ?

いや、今の時期だからこそ、ゆっくりとてきとーに音を出せるんですよ。真夏はシーズンですから。落ち着いてやるには、むしろ今くらいの方が良いのです。

んで、去年も一緒にやったF氏と二人で音出し。実は家のすぐ近所に知り合いが経営しているリハスタがあるのです。いつもなら他のメンバーの都合で使えなかったけど、F氏は隣町。ちゃりんこで来れるのがありがたい。

スタジオまで徒歩1分。いつもなら持てないだろう、スティールとアコギ2本もって、曲によって持ち替えて。本当に適当に音を思いつくまま出して…これ、意外に良いかも。

まだはっきりとは見えないけど、おもしろくなるかも!

あっちがこうなら、こっちがこれ

今日もハワイアンのリハで、いつものボロスタジオ^^;です。

前回の練習の際、相方のF君の弾くウクレレが突然良い感じになったのですが、また戻っていたらどうしよ? なんて少し考えていましたが、やっぱり何かコツを掴んだようです。

こういうことは、以前自分もあったので、なんか嬉しいものです。つまりはウクレレに限らず、ギターなどのリズムカッティングの基本なんですね。この差は大きい\(^o^)/

ようやくシーズン終盤にきて、ハワイアンユニットの音が決まりました。^^;

これが春頃ならばもっと良かったのだが。我慢した甲斐がありました。こういうものなんだな〜。

かと思えば、全てがうまくまわることも少ないのが世の常。ウーン、まあこれはそのうち書くことにするか…。

来週の23日は京王プラザでやります!