若いといえば若い

よく会話の中で、「もう自分は歳だから」「まだ○○歳なら、全然若いでしょ」などと言うことがあります。

実際、ほとんどがどちらも正解。その人の立場になればそうなることばかりです。
しかし、聞いている方はどうしてもその反対をあえて言いたくもなるんですね(笑)。

こういう話が出てくるときは、時に悩み事を聞いたりしている場面だったりしますね。

自分より若い人が「もう歳だから」と言うと、ついそんな反論をしてしまいがちですが、これは決して「それじゃ俺はジジイってことかい!」と怒っているわけではないのですf(^^;。

まだ可能性がいっぱい残っている人なのに、そんなことを言われると寂しく感じるからなんです。まあ感じ方自体も少し大げさなんですが。

これだけは本当にそう思うんですよね。まだ自分の方向性を変えたりするチャンスがあるんだと。がんばれというより、自分らしさを探してほしいな。

結局、一番自分らしく生きられることが、納得できると思うから。

自分でそんなことを言っておきながら、自分自身もそんな生き方を目指して奮闘中です(笑)。

好きなこととはいえ

どんなに好きな仕事であっても、面倒なことはあるもの。
仕方ないとはいえ、まるで小学校の宿題のように逃げたくなることがあります。

このところライブを挟んで、ワークショップなどの譜面を揃えたり、ちょっと事務的な作業が続いていて。これが逆だと緊張感があって楽しかったりもするんだけど、こと譜面に関しては音楽に携わっていながら好きになれないんだなー。

まあこれは一生治らないことでしょう(笑)。

などと思いながらシコシコと頑張っております。

さーてと、スイッチオン

怠けているわけでも、怠けたいわけでもないのですけど、なぜかやるべきことがあまり進行していないことに、びっくりしておりますf(^^;。

ああ、譜面ってほんとに苦手なんですね、僕にとっては。
ちゃんと記録するという考えで言えば、正しいのだけど、結局譜面ってのは書き記すもの。音楽は聴くもの。

同じになるわけはないよな〜、などと思いながら書いているので、どうにも始める時にイヤイヤ病が始まってしまうんですな。いかんいかん。

まあそれでも、やったらやったでちょっと頭のなかがスッキリするのも事実。

今週末からレッスンやらライブやら、忙しくなります。
そろそろスイッチ入れよう!