どこへGO TO?

とうとう大阪はじめ主要都市にも数字が増えてきてます。

ここへきて国の対応が矛盾していて、ちょっと笑えません。

明日から始まる予定のGO TO トラベルキャンペーン。
さすがに経済回さないと、観光地に商売させないと共倒れになるってことはわかるんです。

それでもこんな感染者数とか見る限り、行ったところで楽しめそうにありません。戦時中に旅行に行こう!って言ってるようなものじゃないかと。そんな旅はごめんです。

そして8月からイベント規制を緩和する話が、1ヶ月先延ばしになりました。むしろこっちは仕方ないかなと思えます。

ただイベント関連で食ってる人たちはどうなんでしょう?旅行関連はGO。イベントはSTOP。ちょっと差別とも思えちゃうけど…。

こんな矛盾、今まで聞いたことない。

でも実は僕自身もどちらの考えに近いのか、よく整理できていません。どちらも正論で、誤りでもある。

ただそのことより、これらのことでさらに国民が動き出した結果、感染者数はさらに増えるでしょう。そして最近言われるように無症状の若者が多いと言われてます。

要は重傷者の対応を国をあげてしっかりやってもらいたい。重傷者になる人の対応がバッチリなら確実に死亡する人も減るわけで。

その対応をしっかりと説明してもらいたいです。今の感染者数の発表だけでは不安を煽るだけなので。

とにかく今までの生活が戻ることを切に願います。