変わらずにね

母からたまにメールが来ます。

2年くらい前だったか、iPhoneに携帯を変えて大丈夫かなと思ってましたが、しっかり絵文字もふんだんに使って、画像を添付して送って来ます(笑)。

昨日もこんな画像を送って来ました。

胡蝶蘭

ああ、考えたら母もいい歳になってる。どうも自分の中では一緒に住んでいた頃の母を思い出すのですけど、実際にはもう生まれた子供が社会人になっているくらいの時間が経ってます。

先月久しぶりに会いましたが、やはりそれなりの歳の取り方ですね。もちろん自分もそれだけ歳をとって来ているわけでして。

お互い歳はとっても親子なことは変わりありません。良い意味でこれからも変わらずいてほしいな。

初雪

おふくろから昼前にメール。

よく親から届くメールって、おかしな文面だったりするものですが、なんと画像だけ(笑)。でもそれだけで分かりました。

東京ではなんと僕が生まれる以前に記録して以来の、11月の初雪。考えてみれば僕がいた頃は記憶がないかもしれません。どちらかといえば年々温暖化などで遅くなっている印象がありますし。

このニュースだけを見ると温暖化とは反するように思えますが、実際はやはり温暖化でバランスが崩れて寒気が来たらしいですね。

いや、それにしても北国でもないのに寒そうだ。

記録的な初雪

短い間の里帰り

お袋の顔も見て安心した二日間。お互い若い頃なら特に心配もしないけど、それなりの歳をとっているからねぇ。さすがに一年以上も顔を見ていないと…。

相方のプレゼントを渡したり近況を報告しました。やはり予想と同じようにそこそこ歳をとったことが顔を見てわかるものの、元気に駅前の店まで来てくれたり。予想の範囲内でホッとしたというのが本音。これからはなんとかしてもっと会えるようにしないと。

そして僕自身にとっても以前は毎日味わっていた空気、風景。
慌ただしくも当時のいろんな考えや、行動を思い出しました。あ、そうそうこの感覚みたいな。

昨晩、その前の晩も知り合いが一緒に飲んでくれたりしました。あまりこういうことを表には出さない自分ですが、実はけっこう嬉しかったんですよ(^^)。そして以前何度かライブをしたことのある店のオープンマイク。ここでも初めての方とも話が弾んで。こういうこと自体が最近少なかったので、行った甲斐があったかな。

夏の池袋

遊びに来ました

世の流れ

最初はかなり珍しがられたiPhone。
今では世代問わず、電車の中でもたくさんの人が使っています。

元々Apple製品が好きで、Macを使って二十年以上の自分には、これほどiPhoneをはじめとするAppleマークが増えたことは、時代の流れを感じます。本当にSteveの想像していた世界になりつつあるんだなと。

そんな私も日本で発売初日に買いに行った一人。いい歳してもこんなものが大好きなんですね(笑)。

そして今日、あのふしぎちゃんでもある母から電話が。
「あのね、すまほにしたから! す ま ほ ! あいふぉんっていうんだって!」

ああ、アタマが痛くなって…じゃない、なんだって!
ここはSteve Jobsが描いていた、誰でも触っていればわかるApple製品の真髄を信じたいところです(笑)。

母の日の前日

雨です。ちょっと肌寒い一日。

そういやGWも終わって、次にくるのは梅雨。あのベタベタが来るのか〜。
ついこの前まで冬のような寒さなのが、また逆の感覚です。

今日は母のところで一日過ごし、話の相手をしておりました。

一日とは言っても、途中でダラダラ昼寝したり…雨ですからね〜(^_^;)

ホッとした日

今日はひさしぶりに外出してきました。友達とも会ったりして、気持ちのリフレッシュ!まあそれは明日書こうかと思います。

それよりも、今日はとっても心が温まる出来事がありました。

僕のパートナーから嬉しいメールをもらって、母が感動して涙していました。本当に嬉しかったようで、それを聞いて僕もなにかホッとしたような気分になりました。

ちょっとは親孝行にもなったかな。

今日は外は冷たい北風が一日中吹いて、この冬一番寒く感じた日。
でも心にホッと温まるものがあった、嬉しい日となりました。

夕空

何年ぶりか

色々昼間の用事を済ませて、母の様子を見に。
今日は珍しくそのまま泊まることにしました。

Mac持っていけば、なんとか仕事もできるし。

母の部屋にあるベッドの脇に布団をしいて、寝られる準備はOK!
とりあえずやることをやるだけ…。

なんだけど、いつものとおり母はしゃべりっぱなし(笑)。
一応老人のはずなんだけど、気がつけばもうすぐ日付が変わりますよ、おばあちゃん。母も夜に時間を気にせず話ができることが、嬉しいらしくハイテンションのまま。

僕がトイレに行っている間に、とっとと布団に入っていました。我が母親ながら不思議ちゃんなんだなf(^^;。

と、考えてみたら、こうやって母と布団を並べて寝るなんて、何年ぶりなんだろう?おそらく実家を出てからは一度もなかっただろうし、高校の頃ももちろんそんなことは記憶にありません。やっぱり子供の頃以来かな。

だんだんこんな日も貴重な記憶になっていくのかもしれませんね。

こんな親父になっても、母から見れば子供。
今日はぐっすり寝られるだろうか?

母は強力だ

離れて思うこと

大人になって独立して生活を始める。誰にでもあることですね。それまでは親に守られて生活していたものが、大きく変わる時です。

もちろん僕にも、そんなときがあったわけですが、自分から出たというよりは、気がついたら家から出てしまったみたいな感じでした。
都内に部屋を安いアパートを借りて、生活用品なんかもほとんどない状態から始まった頃。ふと思うことがありました。

それはやはり親の元にいたときの生活との対比。

なんだかんだいっても、母親は偉大なんですよね。たかが洗濯ひとつとっても、なかなか大変だと気づいたときに、おふくろのことを思いだしていました。

その時、僕の母は北海道に行ってしまって、簡単には会えるような距離でもなかったため、余計にそう感じたのかもしれません。

あれから何十年か経って、お互いそれなりに歳をとって。

会うと自分のことばっかり喋りまくり、人の話なんて聞かない母ですが(笑)。
これからまだおもしろい人生を、お互いに楽しみたいな。

親孝行といえること、どれだけできるかな。

親というのは

昨日のライブは盛況に終わり、とてもいい気分で今日も個人レッスンが急遽入って、さらに盛り上がっております。昨日のライブに来てくださった方がぜひ習ってみたいと、やってきてくれました。
こういう流れになるのは嬉しいなぁ。(^^)

そんないい気分でそのまま一日終われば、最高だったんだけどねぇ。世の中そんなに甘くない(^_^;)
どうも母が妹ともめて、そのことを母が電話してきました。まあその発端は自分ではあるんだけど、ちゃんと話はしてあったはず。うーん。

あとで妹にも電話したら、案の定母がちゃんと話を理解していなくて、逆ギレしたとのこと。

はあ、またいつものことですな。

親というのは、子どもがいくつになっても、子供の頃の息子に見えるものなんでしょう。というか、そう振る舞いたいんでしょうなー。(笑)

まあ最後には解決したのでいいけど、あまりドキッとさせないでよ、母ちゃん。

夢中になる

また寒くなってきてますねー。明日はまたしても雪が降るかも?天気予報も怖いことを言ってくれます。(^_^;

さて、今日は母のところに様子を見に行ってきました。考えたら正月以来、顔見せてなかった。確かに忙しかったもんなぁ。でもせめて3月になる前に一度はと思い、夜だけど行ってきました。

行ってみたら、押し花に夢中になってました。良かったー!前は本当に話をするだけで、一方的に話されて苦行のようだったもの(笑)

物事何でも夢中になることは大事。こうやって、何かの作品を残すことはいいもんだ。

生きている証ですもんね。

…といいながら、画像撮ってくるのを忘れてたぁ…。

変われば変わるもの

夜の12時過ぎに、母からの電話。

もー、ビビるじゃないの、こんな時間に電話なんて。
昔は夜に電話しているだけで、うるさくやめろと言っていた本人が、同じことをやってるんだから。

まあ本人からの電話なんで、冷静に考えれば気になって連絡をしてきたんでしょうけどね。それでもまさかの時間にかかってくると、心臓に良くない^^;。

時が経てば変わるものですなぁ。はぁ。

楽観的になっていい?

久しぶりに、母の様子を見に所沢まで行ってきました。

この夏は自分が出かけてばかりだったのと、本人が外出したりなどで中々タイミングが合わず。

で、行ってみたら元気…というか、喋りすぎ^^;
まあ、これも想定内の事。

強いていえば、本人もいい歳になった事を自覚したらしく、以前に比べて楽観的な言葉が多くなったかな。

これはこれでいい事です。

悩もうと思えば、そんな事世の中溢れるほどあるものね。

ラッキーな事の半分は、自分で創り、育てる事

そんな風に考えれば、いいのかな、と話している中で思ったりしました。

帰りの電車待ちの一枚。

電車待ち。虫の音が聴こえる