7年ぶり

先日、ふとメッセージを見たら、懐かしい人からでした。

以前ウクレレを教えたフラの先生。
実はこの方のところで初めてウクレレを人に教えるということを始めたのです。

ここ何年かはこちらも色々あって連絡もしていなかったのです。

そんなわけでちょっとびっくりしながら見ると、またウクレレのワークショップをやってほしいとのこと。

ということで久しぶりに行って、レッスンもやってきました。場所に向かう車の中で話していたら最後にレッスンしてから7年ぶりとのこと。
7年というのはかなり長い空白です。実のところそんなに経った気はしていなかったんですけどね。

あらためて7年ぶりにレッスン。
自分で言うのもなんだけど、7年前と比べたらレッスン自体も自分らしさが少し出せるようになったんだなぁ、と実感しました。

やはり何事も経験というのは宝なんだと。そして今を思えば昔は一方的なやり方だったのかもなぁ、なんて考えられる楽しい時間でもありました。

ちなみに依頼してくれた先生も僕と同い年。
第一声は「うわ〜、変わってない」でした(笑)。

素直に喜んでいいのかな(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。