ブルースじゃ

一応このブログでも南国系の雰囲気を少し出してますが(笑)、元々はブリティッシュ、アメリカンロックからブルース、ソウル系など色々過去にやっておりまして(^◇^;)。

今でも聴く音楽のジャンルは色々。その中にハワイアンもあるような感じで。南国系はずいぶん聴く機会が増えたことは間違いないけど、それでもたまにはそれと真逆なものも聴きたくなります。

昨日はたまたま知り合いが近いところでライブをやるというので、ちょっと遊びに行ってきました。

せまーい地下で酒を飲みながらブルース。ああ、こんな所に来ることが久しぶり。
いやそれにしても狭いなぁと思いながらも、隣に居合わせた人とも話したりして楽しい時間を過ごしてきました。今いる近所にはこんな店自体がないもんな(^^;;。

ライブの後はなんかセッションしましょうとなって、ギターを借りてやってきました。ウクレレ弾くことが最近多くて感覚がついていかない(笑)。

週に一度くらいの感覚で前のように遊びに来れたらいいんだけどね。たまには弾いておこう(^^)。

大阪のブルースバー

そうなんだよな

言葉ってのは大事な情報を伝えるという意味もあるけど、そのまったく逆で意味のない言葉というのも存在してますよね。

その意味のない言葉の中にも、本来の意味とは違うけど結果的に意味を持つ言葉や流れというのもあります。

関西、特に大阪辺りでよく聞く言葉。
あれこれ機関銃のように話した後で最後に「知らんけど」。これ強力です(笑)。

だってこの魔法の言葉を付けただけで、言いたい放題ですもん(笑)。
てか、言いたい放題の最後に付ける免罪符みたいなものかな。

これ東京近辺で同じような言葉というと…なんだろう?
あ、最初か最後に「わかんないけどね」とか言ってるかも。まあ似たような言葉遣いはあるんでしょう。

でもこういう言葉のやりとり、大した話でもないのだけど、一緒にいる家族とか良いコミュニケーションの流れを作る意味はあるんでしょうね。
意味のあることしか喋らなかったら、ずいぶん日常の会話は減ることと想像できます。

そう、意味のない言葉も意味があるんですね。

それにしても「知らんけど」は強力すぎる(笑)。

大阪に到着

人の縁は不思議です

だんだん寒いなりにも昼間は暖かく感じることも多くなってきました。そして二月もあと一日。今年も二ヶ月が過ぎてしまうということかぁ。

早いなぁ、といつもの感覚ではあるんですが、もう一つ今日はそう感じることが。

店に来たお客さんにふと声をかけられて気がつきました。

その方、おそらく会うのは5年ぶり。多分そのはず。5、6年前に大阪の方にウクレレのワークショップやらでたまに行った時に、Twitterとかで繋がっていた店などにも色々行ったんです。そのお店の一つ。そこのマスターでした。

まさかこんなに時間が経って、この場所で会うとは!

僕自身その人や店はちゃんと憶えていて、たまにTwitterでも見かけるし相方にもいつか連れて行こうかと話したりもしてました。

それでもびっくりしますね。僕からしたらもう結構時間が経ってるし、また店に行った時にでも話をしないと覚えてはいないだろうなぁ、なんて思ってましたから。

こんな逆に迎える立場での再会とは。人の縁というのはわからないものです。

そしてその5年前まで色々動き回っていた頃の感覚もちょっと思い出しました。ああ、またそんなことをやってみたいなぁ。

これはおそらくその5年前に行った時に食べたロコモコ。はぁ、懐かしい!