冬が始まった

もう何度も同じことを言わなくても…とか思われそうだけど、始まったんですよ。

このタイトルの意味は僕にとっての冬シーズンが始まったということです。これから毎年春の手前くらいまで忙しい時期がきたなと。

そして今期はさらにもう一つ大事な事が入っていまして。これから変則的ではあるけどレコーディングが入ってきます。これはほんとうに始まったばかりでまだどういう段取りでやるかをテスト中。
文明の利器を使いながら遠隔操作もしながら進めていくことになるでしょう。

ということでこの冬は慌ただしくなりそうです。

いつものことですが、面白いことは忙しさと重なってくるもの。
がんばってみようかと思います。

愛機のセニーザ

これの季節がやってきた

11月も中旬。どんどん寒くなってきてます。
感覚的には冬になったようなところですが、冬といえば毎年あるのがこの作業。

店が始まってから寒い時期には薪ストーブ。

薪ストーブ復活!

もちろんこんなこと、都会ではやったことがありません。成り行き上やることになっちゃったわけで(笑)。

この薪ストーブ、扱ってみて色々わかったことがあります。
ただ火を点けたら木を入れればいい?

いやいや、薪の持ってるポテンシャルを生かすためには、どれが燃えやすいか燃えにくいか。そしてどんな手順で入れたら一番効率よく熱を出してくれるか。
毎日やっていればそのあたりにちょっとしたこだわりが出てくるもので(笑)。

やはりストーブとして使うにあたり、一番適しているのは自然の木を乾燥した薪。王様です。
いい感じで長く燃えてくれる。

ただし、当然ながらこれらの薪を用意しておかねばなりません。もちろん僕は山なんて持ってないのでとある所からいただくわけです。ありがたい事なんです。
そして重いです^^;

毎回腰の心配をしてしまうくらい。これが冬の間は毎週続くわけですよ。

毎年春になってホッとするんだよなぁ。今年も頑張りましょう…。

薪を貰った。重いよ

毎年この時期になると

こりゃもう冬が始まったなー。
寒さのランクがまた一つ上がったように感じます。
布団で熟睡できる季節がやってきました(笑)。

ちなみに私、毎年この時期になると考えていることがあります。
それは俗に「歩ける寝袋」とか言うやつ、あれを買おうかどうしようか。
日記を見てもこの3年くらいこの頃に同じことを書いてるし(笑)。

僕の作業場の部屋は夏暑く冬が寒いのです。ちょうど冬に入りかけの今ぐらいなら、ちょっと暖房でもかければ良いのですよ。
しばらくすれば部屋も暖まるから、ある程度すれば止めれば節約にもなる。

それでもね、クリスマスくらいから2月いっぱいは真冬。最初は寒いうえにずっと暖房にあたってると乾燥してくる感じも嫌だし。電気代節約したいし^^;。

そんなことを考えちゃうんです。つい楽天とか見ちゃうんです(笑)。
今年はどうかなぁ、ポチりそうだなぁ。