引き篭もるなら

今はコロナウィルスのニュース、毎日情報が入ってきます。

たしかに考えてみると、感染がヤバいとかもあるけど、その影響で人を集めるイベントやお店など、経済的にも影響が出てくること間違いないですね。仕方ないけど。

僕もライブをやろうとか、ワークショップを企画しようとか言うことも、今はやめたほうがいいかも。なんて思います。

昨日もいっそできるなら引き籠りした方がいいとか書いたんですが、実際にそんな生活を仮に1ヶ月続けるとして、自宅の中で何をしてるだろうか。
想像してるうちに思ったことは、この時間をいかに活用するか。

動けない分後々のためになにか勉強じゃないけどね。
そこからさらに偶然見た本の宣伝。

それは先日亡くなったノムさんこと野村克也氏の本。

なんでも現時点でこれから世に出る本が5冊あるとか?
すごいなぁ。

それでもあれだけ『頭を使って野球をする』ことを実践、結果をたくさん出してきた人。
もし時間ができたらこの人の本でも読んでみようかと思ってます。

まだヤクルトの監督をやる前にナイター中継での「野村スコープ」の解説、面白かったもん。

今後のヒントがなにかありそうだ。
引き籠もらなくても読んでみたくなってます(笑)。