そんな時代

先月の敬老の日。
自治会の方から敬老のお祝いに際し、お年寄りむけにウクレレでなにかやってもらえないか、と依頼がきて30分ほど演奏してきた時のこと。

頼まれたときにお祝いされるお年寄りは70代後半から80代が多いと聞いてたんです。

今回はいつもやりそうな楽曲より、主にナツメロになりそうなものを色々と調べてやってみました。

実際にやってみると、予想通りの曲もあれば、あまりそうでもなかった曲もあり。こればかりはやってみないとわからない(笑)。

でもふと思ったんですね。

単に70代とはいえ、昔のグループサウンズの年代も同じなんですよね。ああそうか!と。

そう、昔バンドをやったことのあるお年寄りがいる時代になってきたということ。

これはつい20年前ならありえないことです。お年寄りというワードに騙されちゃいけない(笑)そしてまた10年もすると完全にそういう世代になるわけで。

あ、その次は自分もその領域に入っていくのかな( ̄◇ ̄;)。

これからのお年寄りは音楽といえど、それぞれの趣向が出てくるのかもしれません。

ただ、やはりいい曲はそういう趣向にはあまり関係なく受け入れてくれるのかもなぁ、なんて思ってます。

そう考えると、自分が今後作る楽曲も良い意味でのポピュラー性が大事だな。そんなことを思ったわけです。

そんな時代になってきたんですね。