桜散る頃

新元号が発表されてしきりに‘平成最後の’という台詞が多くなりました。たしかにそりゃそうだけどなぁ。

そういうことでは平成最後の桜とも言えるけど、こういう季節的なものはその年度の方がしっくりくるかも。

そんな桜も明日雨が降るようなので、これで見納めなのかなと。

昔学生だった頃もこの時期はまだ緊張感があったもの。新しいクラスになって話したこともない同級生と一緒になったりで、そうだなぁ、ちょうど今頃はぎごちなさも感じながら、探り合いをしていた頃かも(笑)。
そんなこともこの頃ならでは。

これが仕事となるとかなり緊張している頃ですよね。

運良く良い環境だったらいいけど、そうとも限らず。また自分の力不足を実感したり。

なんとかうまく自分と折り合いをつけながら、乗り切るワザを身につけることが大事かな。ストレスもあると思うけど。

なんかさっきTwitterでおそらく新任の先生のツイートを見て、やはりかなり悩んでいるみたいで。こんなことを書いてみたくなったわけです。

いいことばかりでもないけど、悪いことばかりでもない。
つまり社会生活というそのもの。

そんな色々なことがスタートした、この桜散る時期。
楽しくなるまでは、たまに息抜きしながら焦らずいきましょう!