考え過ぎは禁物?いや単なる優柔不断?

無料試用期間の期限が迫っていたこのサーバーをどうするか?と考えた末、
結局当初の予定通りドメインは取らずに契約しちゃった。

なんかこういうのって、マックの「フライドポテトいかかですか?」と同じで誘い文句についのってしまいそう(笑)。いやまあ今回はのっちゃっても良かったんだけど、引っ越し前で色々考える事がてんこ盛りなんで。

色々考える事があるとき、不思議と本当は対した事じゃないものに時間かけて考えたりする事ありませんか?これは一種の現実逃避なのかな?まさに夏休みの宿題のようだな〜。

どうしよかな?

今借りているサーバはまだ1週間の無料期間。
このままにしておくと削除されてしまう。
それでお金を払って続けるつもりなのだが、ここで色々と選択に迷っている。

有料広告削除の年間¥2400とプラス¥1040円でドメインまで取れるとなっている。
たかだかドメイン代千円なのだが、何故か迷っちゃう。

同じ価格帯のロリポップが独自ドメインサービスを始めたそうなので、
HPの情報をみたところ、どうも自社でドメイン受付をまだしていないようだ。
つまりすでにドメインを取得している人が(現在は)対象ということ。

結局「この際だからドメインまで」と思ってしまうのが相手の思うツボ。
でもこれって実に悩ましい(笑)。

あと2日あるので結論を出そう。

TVにちょいと出てました

今日というより、正確には昨日の夜10時23分からCSの日本テレビ系番組、
「読売トレンド」という番組でセッションしているところが映ってた。
70年代ロックとその世代の人にスポットを当てた特集のようだった。

場所はいつもよくセッションに行く店大久保のライブハウス「HOT SHOT」で先々週収録。
俺はジーザス永山氏と一緒に演奏しているシーンが流され、永山氏はじめ、
その場に居合わせた50歳前後の人達のインタビューも放送された。

70年代の音楽が最近再び流行っている、じゃあ実際その世代の人(プロ・アマ問わず)
は現在はどうなんだ?みたいなところに話が行ったところで登場となったわけである。

断っておくけど、俺はそこまで歳はいってない。
当時、たまたま小学生の頃から洋楽を聴いていたこともあって、
その世代の人たちとは話が合うのだ。

実際70年代の音楽は80年代が終わったあたりからずっと流行っていたと思うので、
なにをいまさら的にも感じてしまうのだが・・・。

でもそんなのどうでもいいんだよな、流行りでもなんでもなく70年代からずっとやってた
だけなんだよね。

そう、ただ好きだから始めてやっていただけ。
ビジネス的な昨今のロックではなくてね。
好きなやつのやるロックだったから未だに新鮮なんだと思う。

すごい単純。
でも、すごい大事。