あと1週間

いろいろトラブルのあったが、なんとか引っ越し先がきまった(ようだ)。
ちゃんと契約もお金も払ったけど、どうやら大家さんが入居者の収入を気にしている様子。
これさえ何もなければ、現時点では契約は成立した事になる。入居日も決まったし。
周りの人たちは「もう大丈夫でしょ」と言ってくれるものの、先日のようなトラブルもあったことで、実際に入居しないと安心できない心境なのだ。

正直、こんなことを書くとまたドンデン返しがありそうで怖いのだが、立ち退き期限の20日まであと1週間。ここまで引き延ばすつもりはなかったのだけど、本当にギリギリになってしまった。本当にあと1週間で終わってほしいよ。

とか言っているうちに世間では年末の大忙しの時期。街を見ればクリスマスだし。でもさすがに今はそんなものは目に入らない。本当は仕事だけでも年末進行といわれる時期で、お約束のように忙しいのだ。

今年はそんな時期と同時に引っ越しだもの。そりゃパニクるわけだ(汗)
ここまできたら、なんとか来年の年明けを無事に新居で迎えられるようにしたいと思っております。
ハイ。

今年は年末の大掃除と引っ越しがセットだ…。

自己管理は大変

いよいよ来週末は立ち退きの期限。
最初にお願いした不動産屋のトラブルで予想外に遅れた今回の引っ越しは、まだ本決まりではないものの、なんとかギリギリ間に合いそうだ。(間に合ってくれっ!)

その話はおいといて、引っ越しと言えば色々な書類に書き込んだりするわけだが、意外に自分の事はてきとーだってことがよくわかる。と同時にそういう適当さを相手に読まれるというか、恥ずかしい所を見せてしまうような気持ちになる事が多い。

自分でも他の人よりけっこう適当な自己管理をしていたことは認めるしかないのだ。見栄を張っても否定できないな。いつもめんどくさくて後回しにしているうちに、わけわからなくなってしまって忘れた事にしていたのだから。

今回の引っ越しは自分にとって、『出直し』的な意味があると思っている。
そう、仕切り直しなのだ。

たから…なんとか決まってくれぃ!おねがい!

あなたの資産がタダに

asahi.com : 経済
電話加入権、廃止の方向 総務省、年明けにも諮問へ

ふーん、なんか7万2千円という値段が高かったという気もするけど。でも記事にも書いてあるように一種の資産として考えられるわけで、これが無価値になるっていうのはある意味やり過ぎかも。

いや、これはすでに電話を引いている自分の立場の意見です。タダでももちろんいいわけで。
すでに払ってしまっている人にとってはね…。

でももし本当に廃止になったら、基本料金が値上がりするってこと?それじゃIP電話などの展開次第では余計に加入者が減るかも(の可能性もあるな)