TVにちょいと出てました

今日というより、正確には昨日の夜10時23分からCSの日本テレビ系番組、
「読売トレンド」という番組でセッションしているところが映ってた。
70年代ロックとその世代の人にスポットを当てた特集のようだった。

場所はいつもよくセッションに行く店大久保のライブハウス「HOT SHOT」で先々週収録。
俺はジーザス永山氏と一緒に演奏しているシーンが流され、永山氏はじめ、
その場に居合わせた50歳前後の人達のインタビューも放送された。

70年代の音楽が最近再び流行っている、じゃあ実際その世代の人(プロ・アマ問わず)
は現在はどうなんだ?みたいなところに話が行ったところで登場となったわけである。

断っておくけど、俺はそこまで歳はいってない。
当時、たまたま小学生の頃から洋楽を聴いていたこともあって、
その世代の人たちとは話が合うのだ。

実際70年代の音楽は80年代が終わったあたりからずっと流行っていたと思うので、
なにをいまさら的にも感じてしまうのだが・・・。

でもそんなのどうでもいいんだよな、流行りでもなんでもなく70年代からずっとやってた
だけなんだよね。

そう、ただ好きだから始めてやっていただけ。
ビジネス的な昨今のロックではなくてね。
好きなやつのやるロックだったから未だに新鮮なんだと思う。

すごい単純。
でも、すごい大事。

季節の節目

寒くなりましたね。
11月になってから夏日が続くって異常な気候だったけど、ようやく普通になった感じ。

今年は梅雨明けが8月だったり(実際はほとんど9月が夏って感じだし)、ちょっと季節の切り替わりが遅いような気が。異常気象というほどでもないけど。

季節がおかしくなって「???」と思う事といえば、食べる物じゃないかな。

今年の夏はビヤホールなんかがガラガラ。ビールとかアイスなんかの売れ行きもかなり悪かったみたいだけど、やっぱり汗がダラダラ出てくる状態で飲んだりするときは格別だもんね。

海の家も完全に肩すかしだったけど、海辺で食べるおにぎりがうまかったり。
(逆に身体に悪いタバコは全然うまくないのはなんでだろう?)

日本人に限らず、人はそれぞれの環境に適した味覚で『おいしく感じる食べ物』を発見し料理して作り出してきている。

これが仮に四季のある日本で1年通して気候が変わらなかったら?

真夏に食べる素麺のおいしさはわからないだろうし、真冬に食べる鍋物も同様でしょうね。また全国同じ気候だったらこれも同じようになるんじゃないかな?

これだけ寒くなるとあったまる食べ物を、と思ったりするけど
このまま普通に『冬』なんでしょうかね?

テスト

作ったばかりのBLOGに投稿テスト。
まる1日かけてなんとかここまで。デザインは初期状態です。