冬ってかんじ

本格的に寒くなってきた。
空気がだんだん乾燥して底冷えするようなかんじ。
つい先週は夏日のような陽気だったのが信じられないですな。

そしてこうなると師走の忙しさが始まるわけで。
「もう今年も残すところ…」という台詞が聞こえるようになる。
この数年はいつもクリスマスイブまで仕事が絶好調に忙しくて、次の日に風邪をひくという日程を繰り返してたけど、今年は回避したいなぁ。

ジョージのギター

ハリスンの最初の「安物」ギター、5100万円で落札

なんと!元は1,000円もしなかったギターが5100万円に!

まあ本当の値打ちは値段では語れない物でしょう。今自分も引っ越しの整理で出てきた、一番最初に買ったYAMAHAのアコギを捨てずに持って行こうと決めている。もうまともに弾ける状態でもないんだけどね。そういうものでしょう。

そういや、ジョージの命日がまた今年も近づいてきた。僕の中ではこの季節になるとSomethingをはじめ彼の曲がよく頭の中を流れるようになる。

ああ、せつなく甘い曲、冬の始めにぴったりあうな〜。

ケネディ暗殺から40年

幻想を持たない理想主義者

読売新聞の記事の中に、こんな一言を見つけた。 40年前に暗殺されたケネディ大統領は、自分のことをそう定義していたらしい。 理想に向けて現実的な判断を常に持って行動する、ということだそうだ。
ふと自分自身のことも考えてみると、理想はあってもなかなか思うようにはなっていない気がする。というより、そもそも理想ではなく幻想ばかり夢見ているのかもしれないな。

幻想を理想に、そして現実的に考える。
なんか今の自分にとって考えさせられる言葉だな。