部屋捜し中

今日も池袋の不動産で、今と同じ沿線の物件を探していた。
今回あえて、あまり信用はできないと思ったけどYahoo!の「不動産」カテゴリーから検索して、絞りに絞った末に出た1件。その物件を持っている不動産屋に足を運んでみたのだ。

さてさて実際に物件はあるのだろうか?

結論から言えばなかった。

色々と釈明していたが、結局は『人集め』の広告だった。あっちの言い分を信用するとすれば、大家さんの意向で契約更新(2年後)時に、再度新規に契約をしなければならない物件だという。つまりは訳ありだからやめた方がいいと。

ネットの情報でなく、昔からある賃貸情報誌の情報もよくそういう扱いの場合が多い。そういう経験ある人多いんじゃないかな?

こういうのって探している人にとっては、嘘をつかれたことに限りなく近い感覚だと思う。まあ過去にも何度か同じ経験しているから特に驚かなかったけど。現実的にネットの情報が実際に使えるかどうか?ということを試したようなものなんで。

もちろん全部がそういう訳でもないのも事実。今回は自分でも厳しい条件で探したので、そういう物件を探す時、平均的に安い物件は訳ありなので、実際には別の物件を店で紹介される事が多いということ。平均的な無理のない条件だったらネットの情報も使えるんだろうな、と思った次第。

だって実際ある程度自分の中で物件を絞り込む場合、店をハシゴしている時間があまりない場合こういう情報網は便利だもんね。

ということで明日はそこの不動産の人と何件か実際に物件を見に行く事になりました。
最初はそこの不動産、マユツバものみたいだからパラパラと資料を見て退散しようかと思ったりもしたのだが、けっこう時間をかけて代わりの物件を探しているようでもあったので。(約3時間半もいた)

まあ期限も近いし。こっちも忙しいから渡りに船で見に行ってきます。

途中、隣の学生とおぼしき年齢のお兄ちゃんが『この嘘つき!」といいたげな口調で店の人と話しているのがよくわかって、ちょっとおもしろかった(笑)。

IT住宅ねぇ

リビング+:東京ガスのIT住宅を見てきました

こんな住宅が普通に住めるくらいには、どのくらい時間がかかるんかいな?
今回の部屋探しで思ったのは、これだけインターネットが普及してきた現在でも、普通の賃貸住宅ではせいぜいCATVが新しめの物件についているくらい。

そうそう、FLET’sのマンションタイプもあった。
でも10Mbpsでインターネット完全対応!と堂々と唱っているのにはちょっとがっくり。
ADSLが40Mbpsの時代だもんねぇ。

しんど

最近夜に部屋の整理をしているので、昼夜逆転してしまっていたが、今日は昼間に仕事関係の人と会うためにそのまま寝ないで外出した。現在も当然(泣)仕事中である。

いわゆる徹夜状態だが、このところの気候の変化のせいか非常にキツい。

今日も東京はこの季節にしては珍しく大雨で、寒い。
こういう天気の日は特に徹夜明けはしんどいな。

ああ、何書いているのか。もう少ししたら帰って寝よ。