色々ありすぎて

先日、前の店舗を売却したというところまで書きました。そしてその次の日は不肖私めの誕生日。

この日の夕方からまた我が家はうるさくなりました。
こんなシロクロのパピーが突然やってきたのです。

まだ生まれて3ヶ月ちょっとのダルメシアン♂の『ベック』。
訳あって現在預かってるところ…だったのだけど、ひょっとするとそのまま我が家の子になるかもしれない状況です。

我が家では去年2匹めのオッドが旅立ち、その後年末年始を挟んで約2ヶ月の間、余命末期ながら飼い主が忙しすぎたことから預かったエグを1月に見送ったばかり。

相方の親戚が動物愛護活動をやっている関係から、里親に会わせるまでのつもりで預かったのですが、色々あって今後数日の展開によっては我が家で育てることになりそうなのです。

我が家はダルメシアン好きではありますが、自分たちの年齢なども考慮してもう飼わないつもりでいました。なので寝耳に水といった感じ。

このベック、なかなかやんちゃです。元の飼い主もこんなにやんちゃになるとは調べていなかったみたい。どうしても当初の予想とは違って家族からも反対されて手放すことを考えたみたい。

我が家は飼いたいといえば9割以上の気持ちで迎えたいと思ってます。
ただ、1匹の犬を最後まで世話するのは労力の他にも金銭的にも余裕がないとできないもの。そのあたり我が家は去年の台風で被災したりで、なかなか悩むところ。

まさかね〜。こんなことになるとは(笑)。

でも可愛い命です。放っておくわけにはいきません。

また本当に我が家の子になったら、あらためて書こうかと思います。